Professional Recruitment

失敗しないために!適切なアルバイトを選ぶ方法

思い付きは失敗のもと!よく調べてみよう

学生ならばお小遣いを稼ぎたくて。主婦ならば家計の足しにしたくて。アルバイトを始める理由は人それぞれ違いますよね。しかし、なかには今読んでいる雑誌に募集が出ているからこのアルバイトに応募する…、などと慌てて決断してしまう人も多くいます。実はそれ、自分に合っていない仕事を選んでしまったり、望んでいない時間帯に働くことになってしまったりと失敗につながりやすい欠点があるのです。募集をしている企業に電話を入れる前に、まずは軽く調べてみるようにしましょう。

毎日通える?実は意外と遠いことも

通勤の方法として徒歩、自転車、車や電車など距離や場所に応じた手段が存在しています。実際にその店舗へ足を運んでみると、前に行った時は近くに感じていたのに仕事を始めた後は遠く感じるようになってしまった…、という事も。これは一度だけ行ってみたという場合と毎日通う場合とでは条件が違ってくるからなのです。初めて行く場合や一度だけ行く場合は、多くの人は自分の体調が良い日や晴れた日などを選んで行くことになります。しかし仕事を始めると体調が悪い日や雨の日にも行かなければなりません。これが原因です。一度行ってみた感覚だけで選ぶのではなく、毎日通えるかを考えて選ぶようにしましょう。

お店の人は何をしてる?実際に見てみよう

募集要項には、例えば品出し、調理補助、掃除など様々な仕事内容が書かれています。しかし文字だけではどんな事をしているのかわからない場合も多く、思ったよりハードな仕事内容だったという場合もあります。そこで、実際にそのお店に行ってみて店員がどんな仕事をしているのか見てみる方法がありますね。例えばコンビニなどの場合、そのお店にどれくらいの客が来るのかざっくりとした評価を持ってみます。特に客が多いとき、店員が一人で全部対応しているのか、複数人で対応しているかなどを見ておけば、そのコンビニがどれくらい一人当たりの仕事が多いのかなどが判断できます。実際に仕事をしてみなければわからない部分も多くありますが、少しでも知る事ができれば自分なりに判断材料にできますね。アルバイトを選ぶ場合は実際に足を運んでみる。これをしてみるだけでアルバイトの選択に失敗する可能性をぐっと減らすことができますよ。

工場の求人と言えば、やはり学歴や職歴を問わず、誰でも気軽に応募できる点にあります。求人数も多いので魅力的です。