Professional Recruitment

子育てを楽しもう!楽しむための3つの方法

子供時間と家事時間を分けてみよう!

子育てを楽しみたい。きっと子育て世代のママたちの永遠の悩みですよね。楽しみたいのに楽しめないのはなぜなのかと考えるとこんな答えが出てきます。子育てをしながら、掃除や洗濯、料理などの家事をしなければいけないから忙しくてイライラしてしまい子育てを楽しめないのです。では、どうしたらよいのでしょう。まずは一つ心がけていただきたいことがあります。子供時間と家事時間を分けてみましょう!忙しい家事をしながら子供の相手をしているのは母だけのストレスではなく子供にとってもストレスなのです。家事は一切せず、子供の相手だけをする時間をとってみてください。短い時間でもしっかり子供の相手だけをしたら「さて、ママはごはん作るから、○○ちゃんはこれやっててね」と家事時間を作りましょう。これであなたもイライラばかりの子育てではなく、子育て楽しい!と感じることができるはずです。

理想を押し付けない!子供は自分ではありません!

お腹を痛めて産んだ子です。大切な存在なのは当たり前です。でも一生懸命大切に育てているうちに親の理想を押し付けていませんか。母親によくありがちな、子育てが生きがいになっていませんか。赤ちゃんの頃はママにベッタリだった子供も幼稚園に入る頃にはもう自分の世界を持ち始めます。その彼らの世界に踏み込みすぎないように気を付けましょう。子供はあなたの大切なものではありますが、あなたではありません!あなたの理想通りに育つことはまずありません!彼らを信じ、手出し口出しはなるべく押さえて、子育てだけが生きがいにならないように気を付けましょう。

無理にでも自分時間を作ろう!

子育て中のお母さんに声を大にして伝えたいことがあります。自分のための時間を作りましょう!子育てや家事以外の自分のためだけの時間です。趣味でも美容でもカフェでボーッとする時間でもいいのです。とにかく人のためではなく自分のための時間!子育て中のお母さんはとにかく忙しいので自分のための時間は作ろうとしなければできません。すると子供の手が離れる時期になっても「子育てが生きがいだったのに!子育てがなくなったら何をしたらいいか分からない」という状態に陥りがちです。そうならないためにもぜひ自分時間を作りましょう。そしてこれにはもう一つ良いことがあります。子供と離れて自分のための時間を作ると、その後驚くほど子供に優しくなれますよ。

主婦のパートを上手に選びたい時には、女性向けの職種の内容や働きやすさに目を向けることがポイントです。